変更・統一事項

得度習礼所と勤式指導所との統一事項

  科目 確認事項 指導方法
1 正信偈行・草譜 「至安養~」のユルクの位置は? 「證」からユルク。速度は次第に遅くし、最後は70拍位に落とす
2 正信偈行譜 「善導獨明~」や「開入本願~」の「獨」「願」の唱え方 理論上、五線譜で記す場合は「3/4,1/4,1/2,1/2拍」となる
3 正信偈行・草譜 「~為能入、弘経~」の速度は?  「唯可~」からの速度、ユルクは? 「~共同心」まではそのままの速度で、「唯可~」からユルクとなるが、次第に緩くし、最後は調声(「善導~」)の速度まで落とす。
4 正信偈行譜 初重念仏一句目の「陀」の唱え方は? 「善導獨明~」の「獨」と同じように唱える
5 正信偈・念仏 二重七句目「~陀」は『ユリ(呂ユリ)』で唱えるが、三重一句目も同様の博士ゆえ、同様の拍数で唱えるのか? 「~陀」は、初重は「善導獨明~」の「獨」と同じで、二重、三重は『ユリ』で唱える。
6 正信偈・和讃 「弥陀成仏~」などの和讃の四句目「~帰命セヨ」の唱え方は? 「きみょぉ」ではなく、「きみょー」と唱える。
7 正信偈・回向 回向四句目「~安楽国」の「国」唱え方は? 『落音』で唱える。
8 葬場勤行・和讃 「スミヤカミトク~」の息継ぎは? 「スミヤカニトク」まで一息で唱える。
9 葬場勤行・回向 「同発菩提心」の「菩」の唱え方は? 平調(ハ調のミ)より半音ほど上げてから盤渉(ハ調のシ)に下りるが、その際少しアタリを入れる
10 偈文・回向 偈文・短念仏の後の回向(節無)の三行目の「菩」の拍数は? 漢字1字1拍で唱える。
11 御伝鈔 巻頭の「~傳繪ノ上」の「上」の唱法は、音尻が下がるのか、下がらないのか? 下げずに読む。
12 御伝鈔 御伝鈔の唱読音の変更個所 『御伝鈔 統一事項』を参照
13 作法 声明本、経本を懐中に所持する場合、入れる方法は? 黒衣、色衣着用の場合は身八口より白衣の懐中に入れる。
14 作法 自席前に経卓の無い回畳から退出する時、座上で蹲踞し板敷きに降りる際の中啓の所持位置は? 右手で中啓をとり要部でかるく畳を押さえ、座上で蹲踞する。
15 作法 大師影供作法の画讃頭は、柄香炉と声明本を所持して発音してもよいか? 柄香炉のみ保持し、経本は中啓を開いてその上に置くのが本来であるが、初心者など本を見辛い場合は、その両方を持っても良いと指導する。(習礼所・指導所の指導時のみ)
16 作法 行事鐘係が円座から起立して打つ際、中啓はどのタイミングで衿元にさすのか? 「は-い」の発声時、「は-」で中啓を衿元にさし、「い」で撞木を取り、一打目を打つまで「い」は発声し続ける。
17 作法 会係が中尊前や脇壇前に膝付を賦す場合、また撤する場合は正面から行うのか? 賦す場合も撤する場合も正面から行うことを原則として指導する。ただし、内陣の形状によっては横から行う場合もある。

本ページは『浄土真宗本願寺派 法式規範』をもとに、ホームページ用に抜粋し構成したものであるため、凡例・本願寺・大谷本廟・直属寺院の荘厳に関すること、並びに椅子席規範用語解説、口絵、イラストなどについては法式規範を参照ください。