変更・統一事項

『声明集』統一事項

  声明集頁 勤式集頁 協 議 結 果
無量寿経作法 総礼頌 上巻

P3

L3

上巻 P4 L3  ・「往」と「生」の間で息継ぎする。
發起序

P6

L4

P8 L5 ・「佛」は、ツを鼻音で唱える。(中仏通信教育も確認済み。)
観無量寿経作法 念仏 上巻

P76

L2

下巻 P26 L3 ・「南无観世音菩薩」の息継ぎは「南无」・「観世」・「音菩薩」とする。(漢音読みで「世」は「せい」で読みが長い上、行道もともなう為)
(奉讃早引作法) 念仏 下巻

P65

L2

下巻 P173 L3 ・早引の「南无観世音菩薩」の息継ぎは「南无」・「観世音」・「菩薩」とする。
※観経作法の念仏と切る箇所が違うので注意
大師影供作法 念仏正信偈 上巻

P174

L3

上巻 P145 L3 ・「唯可信斯高僧説」の「斯」について、声明集ではタレとあるものをイロとする

P174

L3

P145 L3 ・「唯可信斯高僧説」の句の息継ぎの箇所は、漢文の場合は一句を一息で唱えると指導し、続かなければ盗み息となり、息継ぎ位置は指定しない。但し、門徒さんが多く唱える意訳勤行の場合は、博士の旋律の原則や意味にこだわらず、その前の句と同様一句を四文字・三文字と区切って息継ぎの場所は「イロ」の後と統一する。
回向句

P175

L4

P148 L1 ・「歸依」は「歸」のユリ二と「依」のユリ二の間で息を継がず、二つ続けて唱える。
二門偈作法 念仏 上巻

P200

L3

下巻 P86 L1 ・下段「阿」の商-宮-下羽の下羽の音程に注意が必要。
讃弥陀偈作法 回向句 上巻 P227 L3、4 下巻 P118 L2、3 ・「我」、「生」のイロの唱え方は、「三奉請」の「楽」がむしろ例外であり、最初を短く、後を長く唱える。
五会念仏作法 三奉請 上巻 P240  上巻 P156  ・「楽」ユリ一後のアタリでは息を継がない。
誦讃偈 乙

P243 L4~P244

L1

P164 L1、2 ・「西方」、「正覚」は途中で息を継がず、12拍続けて唱える。

P244

L1

P164 L2 ・「作津」は「作」「津」ともに「宮-下羽」で唱える。
圓光大師會作法 頂礼文 下巻 下巻P2 L3     ・「阿彌陀佛」の部分は、元は続けて唱えていたが、「佛」の落音をはっきり、ゆったり表現するため「阿彌陀」と「佛」に分け、その部分で息を継ぐこととする。
三選章

P3 L1

P4 L4

  ・速度30~50拍で唱える。
・原則として息継ぎの場所は決まっていないが、受下の前とハルの後は続けて唱える。
・角は序曲部分「称名必得生」の「得」の「ユリ上」以外は全て律角で唱える。
念仏

P5 L2

~L4

  ・一句目の「陀」は「ダン」と唱える。
・一句目の終字「佛」は[ブ]、二~四句目の「菩薩」は[ボサ]と唱える。いずれも[ツ]無しで唱える。
上宮太子会作法 太子奉讃 下巻

P10

L1~

P12

L2

    ・羽は律羽、角は律角で唱える。

P12

L2

  ・「ヒトシクヒロムベシ」は、「ク」のユリ一の後と「ロ」のキルの後で息継ぎをする。
漢音小経   下巻

P105

L3

下巻 P213 L3 ・「佛説阿彌陀經」の「經」は音を下げない。
読経作法 下巻

P186

L1

上巻 P182 L2 ・「ス」の音は声明集には角とあるが、スクの博士を下げて、商に変更する。
讃佛偈作法 総礼頌 下巻 P190 L1~2     ・息継ぎは一字毎にする。
・「稽」ユリ三になっているが、ユリ二で唱える。
・終字「曰」ユリ二などササヤクの前の二つ目は、少し深くユル。
讃佛偈

P191~P201

L2

下巻 P214~227 ・定曲部分は速度50~60拍で唱える。
・息継ぎについて、定曲部分では特に定めていないが、序曲の部分においては2字・1字・1字で息を継ぐ。
・ルビは勤式集に準拠する。
※例「齊聖法王」の「齊」については三部経では[ザイ]だが、律曲では[サイ]と清音で読む。

本ページは『浄土真宗本願寺派 法式規範』をもとに、ホームページ用に抜粋し構成したものであるため、凡例・本願寺・大谷本廟・直属寺院の荘厳に関すること、並びに椅子席規範用語解説、口絵、イラストなどについては法式規範を参照ください。