一般寺院の法要と儀式

「法要とは、仏祖を礼拝供養し、経典を読誦し、仏徳を讃嘆して、報恩の至誠を表す行事をいう」
(「法要儀式規程」第一章第一条)とあり、また「儀式とは、仏前に於いて行う、法要以外の行事をいう」(同第四条)とある。

一般寺院で勤修される法要の期日・荘厳・作法・次第などは、次の通りである。

一 般 寺 院 の 儀 式

一般寺院において行う儀式は、次の通りである。

1 継 職 式

住職を拝命し、その継職奉告法要に先立って行う儀式。

継職式次第 (1)

1 門信徒着座

2 法中着座

3 住職着座  (外陣の余間下)

4 住職許状伝達

5 勤   行

6 住職挨拶

継職式 次第 (2)

1 門信徒着座

2 法中着座

3 住職着座  (外陣の余間下)

4 住職許状伝達

5 住職継職奉告法要

6 本願寺よりの「お祝いの言葉」披露

7 祝辞・祝電披露

8 住職挨拶  (前住職が挨拶する場合は住職の前にする)

〔注〕

住職継職式と継職奉告法要を別の日時に行う場合は次第(1)で行い、同日に住職継職奉告法要に先立って継職式を行う場合は次第 (2) を例とする。

2 入 門 式

宗門に帰向し、門徒の本分を守る旨を仏前において宣誓する儀式。門徒の願い出により住職または主管者が行う。

◎ 期 日

式の日取りは、なるべく報恩講法要・彼岸会・宗祖降誕会など各種行事の日に定めて、多数の受式者が同時に受けられる日時に行うよう心がける。

◎ 荘 厳  

平常時の荘厳

入門式 次第〔例〕

1 受式者着座

2 勤   行 

〔讃仏偈・短念仏・回向、または正信偈(行譜)和讃六首引〕

3 受式者決意表明

4 入門章授与 

(または門徒式章授与)

5 住職挨拶

6 恩 徳 讃

7 受式者退席

3 結 婚 式

結婚式は、親鸞聖人の流れをくむ者にとって生涯聞法の大切な儀式であり、如来のご尊前において念仏に薫る人生を送ることを表明する儀式。

◎ 荘 厳

○御本尊前

上 卓  打 敷

供 物  紅白餅一具

前 卓  五具足(または三具足)・打敷・水引

礼 盤  打 敷

(式の前に「司婚・誓いの言葉」・記念念珠を広蓋に入れて前卓に置く)

○両脇壇

前 卓  三具足・打敷

供 物  紅白餅一具

○両余間

前 卓  三具足・打敷

(1) 結婚式 次第

1 行 事 鐘     

(行事鐘に代わる開始の合図を用いてもよい)

2 親族来賓着席

3 開式の言葉

4 楽         

(雅楽または讃歌)

5 新郎新婦着席    

(仲人が案内し仏前に向かって着席。父母はあとに従う)

6 司婚者登礼盤    

(司婚者が登礼盤をしているとき、一同は仏前に向きをかえ、司婚者に合わせて合掌礼拝する)

7 止   楽

8 勤   行     

(至心礼・表白・成就文の順に行う)

9 楽

10 司婚者降礼盤    

(司婚者は、「司婚・誓いの言葉」・記念念珠をのせた広蓋を持って司婚者席につく)

11 止   楽

12 司婚・誓いの言葉  

(司婚の前文、誓いの言葉、司婚の後文の順に行う)

13 楽

14 記念念珠授与    

(司婚者は、授与し終われば控席に着く)

15 新郎新婦焼香    

(終われば元の席につく)

16 仲人焼香     

(仲人は、ともに進み出て焼香する)

17 親族代表焼香    

(両家の親族がそろって焼香する)

18 止   楽

19 法   話

20 讃   歌     

(斉唱またはBGM)

21 合掌・礼拝     

(司婚者に合わせて一同が合掌礼拝する)

22 閉式の言葉

23 楽

24 新郎新婦退出    

(仲人が案内)

25 司婚者退出

26 止   楽

27 親族来賓退出

〔注〕

式次第は、原則にはずれない範囲で適宜に変更してもよい。

(2) 結婚式の服装について

①司婚者の服装は、正装第一種(色衣・五条袈裟・切袴)とする。

②係員のうち僧侶は正装第二種、門信徒は和服または洋服の礼装に式章をかける。

③新郎・新婦は、僧侶であれば正装第一種(色衣・五条袈裟・切袴)、寺族・門信徒であれば和服または洋服の礼装に式章をかける。

④列席者のうち、僧侶は布袍・輪袈裟、門信徒は礼装とする。

4 初 参 式

仏前において新しい生命の誕生をよろこび、生かされて生きる縁を聞法する人生最初の大切な儀式。それゆえに本宗門徒の親子は、こぞって受式するよう心がけたい。

◎ 荘 厳  

平常時の荘厳(御本尊前を点燭し、焼香の用意をする)

初参式 次第

1 一同着席

(幼児を抱いた参詣者は焼香卓前に着席)

2 住職入堂・焼香着座

3 勤   行  

(讃仏偈または「意訳らいはいのうた」)参詣者焼香

4 住職は外陣にいたり、斜め横より参詣者に向かって着座

5 礼 讃 文     

(人身受けがたし…… 次第取で復唱)

6 「初参式についての消息」拝読

「初参式についての消息」

 人間として、この世に生を受けることは、きわめてえがたいことであります。今、はかり知れない縁あっていのちを受け、さらに遇いがたい仏法に遇って、尊い人生を歩み始められましたことは、まことにおめでたいことであります。

 阿弥陀如来は、何ものも、本当には、あてにならないこの世に生きる私たちに、限りない智慧と慈悲のおこころで、お呼びかけくださっています。そのお呼び声である南無阿弥陀仏をいただくところに、真実の人生が開かれてくるのです。この真実に目覚めて、お念仏とともに生き抜かれた、親鸞聖人のみあとを慕う人間となることが、私達にとって最も大切なことです。

ほとけの子の誕生は、家族の方々の尊い仏縁であります。このうえは、有縁の方々そろって聞法に心がけられ、お念仏にかおる環境の中で、小さないのちがすこやかに育つよう願ってやみません。

龍谷門主   釈 即 如

7 法   話     

(または祝詞)

8 讃   歌     

(「ははなればちいさきあこに」……範子裏方作)

〔注〕

①御消息を拝読するときは、「表題および年月日」は読まない。

②御消息の拝読は、節譜(ふし)をつけて読まない。

③「龍谷門主・釈即如」は披露する。

④御消息は、御文章箱に納めて拝読する。

⑤式次第のなか「五 礼讃文」の唱和は、時間の都合で省略してもよい。

⑥初参児の年令は、百日目ごろから一歳未満が望ましい。

⑦「初参式のしおり」には、氏名・誕生日を明記すること。

⑧集合して挙式する場合は、なるべく報恩講法要・彼岸会・宗祖降誕会など各種行事の日に定めて、多数の受式者が同時に受けられる日時に行うよう心がける。

⑨勤行や礼讃文は、あらかじめ印刷したものを配布して、ともに唱和することが望ましい。

⑩そのほか婦人会の祝辞、記念品の贈呈、記念撮影、会食なども考えられる。参加記念品の例としては、教化パンフレット・念珠・合掌人形・アルバム・色紙などがある。

⑪一般に行われている「七・五・三」も寺院に参詣するよう指導する。

⑫初参式記念「いのちのであい」は、本願寺出版社でとり扱っている。

5 葬  儀

葬儀については、『浄土真宗本願寺派 葬儀規範』および『浄土真宗本願寺派 葬儀勤行集』(本願寺出版社刊)を参照。

6 起工式・上棟式・定礎式

浄土真宗における起工式・上棟式・定礎式は、仏光照護のもと機縁の純熟をよろこび、仏恩に感謝して完遂の決意をあらたにする儀式。

◎ 期 日

その都度協議して定める。

◎ 荘 厳  

式場の中央に御本尊(絵像または尊号)を奉懸し、前卓に三具足・打敷・供物一具を荘厳する。

 

(1) 起工式・上棟式 次第〔例〕

1 一同着席

2 開式の辞

3 住職焼香    (一同合掌礼拝)

4 三 奉 請

5 讃 仏 偈    (勤行中に関係者は焼香する)

6 短 念 仏

7 回   向

8 一同合掌礼拝

9 鍬入れ・挨拶・祝辞等

10 住職挨拶

11 閉式の辞

〔注〕

①起工式において、工事関係者の要望により「鍬入れ」を行う場合は、お勤めが終了したあとで行うのが望ましい。

②上棟式において、棟札を用いる場合は、事前に用意しておき式が終了したあと掲示する。

(2) 定礎式 次第〔例〕

1 一同参集

2 開式の辞

3 一同合掌礼拝

4 住職挨拶

5 定礎碑除幕

6 定礎文披露

7 祝   辞

8 工事関係者代表謝辞

9 真宗宗歌

10 一同合掌礼拝

11 閉式の辞

12 一同退席

〔注〕

定礎式は、碑の除幕・挨拶などだけで勤行は行わない。

7 竣 工 式

浄土真宗における竣工式は、慈光照護のもと新築(修復)の普請が完成したことを仏前に奉告するとともに、有縁の人びとが仏恩を報じ感謝の喜びを表明する儀式。

◎ 荘 厳  

前卓に三具足・打敷・供物一具

◎ 勤 行  

三奉請・讃仏偈・短念仏・回向または正信偈(行譜)和讃六首引

引きつづいて住職の挨拶

〔注〕

①仏壇以外の場合は、式場に御本尊(絵像または尊号)を奉懸し、三具足・打敷・供物一具にて荘厳する。式次第は、起工式・上棟式を参照。

②祝辞・感謝状の贈呈などを行う場合は、勤行のあとで適宜に行う。

③寺院で入仏法要を兼ねる場合は、入仏慶讃法要に準ずる。

8 建 碑 式 (建碑法要)

建碑式は、墓碑や記念碑・顕彰碑などの建立に当たって仏祖の冥助を感謝し、その建立を縁としてますます聞法・求道に励むことを表明する儀式。

◎ 荘 厳  

墓前に御本尊(絵像または尊号)を安置し、その前に高机を置いて三具足・供物を荘厳する。

◎ 勤 行  

三奉請・阿弥陀経または讃仏偈・短念仏・回向

〔注〕

①墓碑の場合、棹石の白布は事前にとり払い、納骨を済ませてから勤行する。

②調声人が焼香したあと、勤行中に関係者が焼香する。

9 入 仏 式 (入仏慶讃法要)

浄土真宗における入仏式は、寺院や門徒の家で新しく御本尊をお迎えしたり、修理などが終わりお遷りになったとき勤める法要。一般に「おわたまし」「おひもとき」とも称されているが、「お正念」を入れるということではなくて、深厚の仏縁をよろこび、仏壇を安置して心のよりどころとし、日々報謝の勤行とお給仕を相続することの決意を表明する儀式。

◎ 荘 厳   

前卓に五具足(または三具足)・打敷・供物

◎ 勤 行   

三奉請・浄土三部経(偈文を含む)または正信偈(行譜)和讃六首引勤行のあと法話・御文章拝読

〔注〕

寺院の入仏慶讃法要については、慶讃法要の項を参照のこと。

本ページは『浄土真宗本願寺派 法式規範』をもとに、ホームページ用に抜粋し構成したものであるため、凡例・本願寺・大谷本廟・直属寺院の荘厳に関すること、並びに椅子席規範用語解説、口絵、イラストなどについては法式規範を参照ください。