一般寺院の法要と儀式

「法要とは、仏祖を礼拝供養し、経典を読誦し、仏徳を讃嘆して、報恩の至誠を表す行事をいう」
(「法要儀式規程」第一章第一条)とあり、また「儀式とは、仏前に於いて行う、法要以外の行事をいう」(同第四条)とある。

一般寺院で勤修される法要の期日・荘厳・作法・次第などは、次の通りである。

臨 時 法 要

1 慶讃法要

◎ 荘 厳

○ 御本尊前

上 卓  打 敷

供 物  三具以内

前 卓  五具足・打敷・水引

礼 盤  打 敷

○ 両脇壇

前 卓  打 敷

供 物  三具以内(ただし、左脇壇(向かって右)には供飯台・打敷を舗設する)

○ 両余間   平常通り、または適宜に荘厳する。

◎ 法 要〔例〕

(1)入仏慶讃法要 

無量寿経作法または阿弥陀経作法

(2)御遷仏慶讃法要        

入仏慶讃法要に準ずる。

(3)本堂落成(修復完成)慶讃法要 

無量寿経作法・阿弥陀経作法または正信念仏偈作法

(4)梵鐘慶讃法要  

○本 堂

無量寿経作法・阿弥陀経作法または正信念仏偈作法

〔注〕

①山門・会館・庫裡(庫裏)などの新築・改築法要も右に準じる。

②表白は、その法要の主旨によって作成する。

③鐘楼で勤行する場合は、その場所に御本尊(絵像または尊号)を奉懸し、三具足・打敷・供物一具にて荘厳する。

④勤行は、〔例〕三奉請・讃仏偈・短念仏・回向などを勤める。

2 追悼法要

◎ 荘 厳

○ 御本尊前

上 卓  打 敷

供 物  一 具

前 卓  三具足・打敷・水引

礼 盤  打 敷

〔注〕

両脇壇および両余間は平常通り、または適宜に荘厳する。

◎ 法 要 

無量寿経作法または阿弥陀経作法

3 年忌法要

◎ 荘 厳

○ 御本尊前

上 卓  打 敷

供 物  三 具

前 卓  五具足(または三具足)・打敷・水引

礼 盤  打 敷

○ 左脇壇(向かって右)

供飯台  打 敷

前 卓  三具足・打敷

供 物  二 具

○ 御影前〔右脇壇(向かって左)または余間〕

前 卓  五具足・打敷

供 物  三具以上

◎ 法 要〔例〕

逮 夜  五会念仏作法または大師影供作法・広文類作法・二門偈作法・正信念仏偈作法

晨 朝  往生礼讃偈または正信偈(行譜)和讃六首引

日 中  無量寿経作法または観無量寿経作法・阿弥陀経作法

〔注〕

年忌法要を勤修する相当の年次は本山に準じるが、その法要の日数は次の例による。

(1) 親鸞聖人大遠忌法要    五昼夜以内

(2) 蓮如上人遠忌法要     三昼夜以内

(3) 歴代由緒宗主年忌法要   三昼夜以内

(4) 歴代住職・坊守・その他年忌法要  三昼夜以内

4 継職奉告法要

◎ 荘 厳

○ 御本尊前

上 卓  打 敷

供 物  三具以上

前 卓  五具足(または三具足)・打敷・水引

礼 盤  打 敷

○ 両脇壇

前 卓  三具足・打敷

供 物  二具以上  

○ 両余間   平常通り、または適宜に荘厳する。

◎ 法 要  

無量寿経作法または正信念仏偈作法

〔注〕

住職継職奉告法要の際に、「法要慶祝御扱交付申請書」を組長・教務所長を経由して本山に申請すると、祝電および「お祝いの言葉」が交付される。

本ページは『浄土真宗本願寺派 法式規範』をもとに、ホームページ用に抜粋し構成したものであるため、凡例・本願寺・大谷本廟・直属寺院の荘厳に関すること、並びに椅子席規範用語解説、口絵、イラストなどについては法式規範を参照ください。